MENU
紹介している商品はこちらでも

夫婦でミニマリストになって良かったと感じたこと【12個もありました】

みなさんは「ミニマリストになってみて何が良かった?」と聞かれたら、具体的にどんなことを考えますか?

また、「これから物を減らしていこう、減らしていきたい!」と思っている方は、物を減らしていくことがどんな効果をもたらすと思いますか?

この質問に対してパッといろんな答えが浮かんだ方も、全然イメージが出来ない方もいると思います。

上記の質問に対して、ミニマリストの生活をする私たち夫婦も考えてみたところ、たくさんの「ミニマリストになって良かったこと」が出てきました。

そこで今回は「ミニマリストの生活をして良かったなぁ」と感じたことを書いていきます。

以下のように悩んでいる方の参考になればと思い書きました。

こんな方にオススメ

・ミニマリストに興味がある

・夫婦二人で物の管理ができない

・これから物を減らしたいと思っている

・物を減らすとどんな効果があるのか知りたい

本編へ行く前に少しだけ自己紹介を。

私たち夫婦はミニマリストと名乗っていますが、極限まで物を減らしているわけではなく、

”自分たちにとって”必要最低限のもので暮らす生活をしています。

「あまり物を減らしすぎるのもちょっと抵抗があるな」という方も、我が家が感じたミニマリストの良い点を少しでも参考にしていただけたらなと思います。

それではどうぞ!

デメリットが気になる方はこちらを参考にしてみてください。↓(記事最後にもリンクがあります)

>>ミニマリストになったことで感じたデメリット

バイセル
目次

ミニマリストになって良かったこと

私たちが実際にミニマリストになって良かったなぁと感じたことはたくさんありました。

12個となかなか多いので、気になるところがあればタップをして飛んでください。

 

順番に説明していきますのでぜひご覧ください。

迷いが減る

ミニマリストになって良かったと感じたこと、それは「迷いが減ったこと」です。

ものが少なくなったことで行動の選択肢が減り、その結果迷うことが減っていきました。

たとえば、いろんな種類の洋服を持っていると、毎日何を着ようか迷ってしまうことありませんか?

もちろん、それが楽しいと感じる方もいると思いますが、私たち夫婦は”毎回迷う”という行為にわずらわしさを感じていました。

今回は服を例に出しましたが、他ものも徐々に減らしていき、その結果迷うことが減っていきました。

そして、迷いがなくなったことで他にも良かったと思えることが出てきました。

それは次項の「時間が増える」です。

時間が増える

「迷いがなくなる」ことで時間も増えました。

たとえば、勝手に夫婦や同棲あるあるだと思っているのですが、

時間がギリギリなのに洋服の準備に時間がかかり出かける前に喧嘩

こんな経験ないですか?笑

断捨離をし物を最小限にしたことで、ものに対する迷いがなくなるため、その結果時間に余裕が生まれ上記のようなことはいっさい無くなりました。

小さな事ですが、ストレスを感じなくなり良かったと感じています。

本当に必要なものを選ぶ能力が身に付く

物を購入する際に「これって本当に必要なの?」という判断が以前よりできるようになったのも良かったことです。

たとえば以前は2,3万円する洋服に対して「今月お金足りるから」「このパンツに合いそうだから」などの考えが先に浮かび、

「本当に必要なのか」という判断をほとんどせず、気づいたら買っている状態でした。

ポンポン買っていました。恐ろしや…。

しかし、ミニマリストの生活をしていくうちに必要なものだけを身の回りに置く習慣ができたため、購入する際に常に「本当に必要か?」と考えるように。

この経験をしていくうちに、本当に必要なものを選ぶ能力が身に付いていきました。

バイセル

ものを大切に扱うようになった

ミニマリストの生活をすることによってものを大切に扱うようになりました。

以前は、「そう言えばこんなのあったな」のような使っていないものが至るところに眠っていたんですよね。

買うだけ買っていっさい使わないやつです。笑

しかし、以下のように徐々に考え方が変わっていきました。

こんなのあったな

ものがありすぎて何がいるかいらないかの判断もできない

これいらないかも

徐々にいらないものがわかってくる

これだけあれば十分

身の回りにあるものが自分にとって最適な状態=愛着が湧く

こんな感じでものに対する考えが変わっていった結果、一つひとつのものを以前より大切に扱うようになっていきました。

無駄使いが減った

購入時に「これは本当に必要か?」と考えるようになったため、以前のように適当にポイポイ買ってしまうことがなくなりました。

たとえば

  • これにお金払うくらいならこれにお金を使いたい
  • これよりコスパの良いものはないか
  • とりあえず買ってみるのはやめる

などの考えを持つようになり無駄遣いが減っていきました。

お金がかからないのは大事なことです。

■合わせて読みたい↓

>>夫婦二人暮らしのミニマムライフコストを出しました

かさばらない

物がないという事はかさばりません

 一見当たり前のように感じますが、この効果は大きいと感じました。

特に恩恵を感じたのが引越しです。

昔に引越しをした際には、業者さんに運んでもらうために家具の掃除をしたり、物の数だけ包装をしたりなど、やることがたくさんあり大変でしたが、

今回は引越し前に下記のものを処分していました。

  • テレビ
  • 食器棚
  • 洋服棚
  • オーブントースター 
  • 炊飯器  

これにより、今回業者さんに頼んだのは洗濯機のみに。

物が少なかったため、自家用車で引越しを完了させることができました。

転居を伴う仕事をされている方などは、物がかさばらないことはよりメリットになりそうですね。

掃除がラクになった

「掃除がラクになった」

これはミニマリスト生活をして感じた大きなメリットの一つです。

以前はテレビの裏や棚の掃除など、物の数だけ掃除する必要がありました

物を減らすことによって掃除箇所が圧倒的に減りました。

また、掃除箇所が少ないことにより、掃除に対するハードルも下がりましたね。

ほこりをかぶって掃除が出来てない箇所は存在しなくなりました。

ちなみに我が家はものを減らしたことにより、「毎日ほうきでさっと履く&ハンディクリーナー」のみで十分きれいに保てています。

「掃除がめんどくさくて困っている」という方は、ものを減らすことでかなりの効果を発揮するので、減らせるものは減らしていくことをおすすめします。下記事を参考にしてみて下さい。↓

>>掃除の面倒臭さは、ものを減らせば激減します。

見た目スッキリ

断捨離をして物が減ったため、「見た目がスッキリしたこと」が良かったことのひとつです。

ものが少ないと部屋の圧迫感もなくなりますし、「これどこやったっけ」などの時間がなくなりました。

必要な分だけ揃えたことで見た目だけでなく、気持ちもスッキリしましたよ。

家の居心地が良くなった

ものが少ないことによって家の居心地が良いと感じるようになりました。

その理由は「余計な視覚を使わなくなったから」と私自身は考えています。

人間が感じる五感の割合は、視覚83%、聴覚11%、嗅覚3.5%、触覚1.5%、味覚は1%といわれています。

つまり、受け取る情報のほとんどが視覚からということ。

ものが少なくなったことにより、家で過ごす時間は視覚が休まり、居心地を良いと感じるようになったのだと思います。

個人差はありそうですが、たとえばお寺や美術館のようにものが少ない空間で落ち着くのと似ているのかもしれませんね。

前より家が好きになった

以前より家が好きになりました。

これは上記で書いた居心地が良くなったというのも理由の一つですが、

何より「こだわって作り上げた空間」、「必要だと思うものだけが存在する空間」は満足感が高いです。

お気に入りの空間が作れたということですね。

自己満足も入ってしまっていますが、家をそんな風に思える空間にできたのは良かったと感じています。

終活の役に立つ

これは良かったと実際に体感したわけではありませんが、「今後を考えたときにミニマリスト生活を経験できて良かった」と思えることです。

自分の人生の終わりに向けて身の回りのさまざまなことを整理するのが終活と言われていますが、

歳をとっていくとなかなか行動ができなくなっていきますよね。

そのため、動ける今のうちから身の回りの物の管理ができるようになって良かったなと。

将来自分も困らないですし、自分の周りの方が困ることも多少減りそうです。

断捨離は終活の中の一つの行動ですが、今から意識をしておいても損はしないのかなと感じます。

>>断捨離の効率の良い方法と順番

今まで気づけなかったことに気づけた

「今まで気づけなかったことに気づけた」というのも良かった点です。

たとえば、今までは断捨離の効果に対して「部屋がスッキリする」くらいの抽象的なイメージしかできていなかったのですが、

実際に行って見ると上記で書いたようなたくさんのメリットに気づくことができました。

ミニマリストの生活をすることでただスッキリするだけでなく、ものに対する価値観も変わっていくため新しいことに気づけたのだと思います。

価値観が変わることによって、行動も変化していきました。

まとめ|必要な物を選択する事によって、夫婦二人の満足レベルが上がった

いかがでしたでしょうか?

たくさんの良かった点が出てきましたね。

自分たちに必要な物を選択する事によって、確実に夫婦二人の生活の満足につながっていきました。

また、一緒に必要なことや物に向き合うことで、夫婦の価値観を同じ方向に向けることができたことも良かったと感じています。

人それぞれの価値観があると思いますが、この記事を読んで「ミニマリスト生活もいいな」と思っていただけたら、小さなことから始めてみては。

それではまた。

バイセル

 


関連記事

■ミニマリストのデメリット

>>ミニマリストになることのデメリット

ミニマリスト夫婦の1LDKの部屋紹介

>>ミニマリスト夫婦の1LDKの部屋紹介

■家の居心地が悪くなる原因

>>家の居心地が悪くなる原因|ミニマリストの視点から解説します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる