MENU

ミニマリストになるとデメリットが多い?|物が少ないことは良いことだけとは限りません。

本記事は以下のように悩んでいる方の参考になる記事です。

本記事が参考になる人

・ミニマリストに憧れているけど、デメリットが気になる

・自分がミニマリストに向いているか知りたい

・ミニマリストあるあるが気になる

以前と比べて、ミニマリストという言葉が当たり前になってきましたよね。

ミニマリストと呼ばれる人は物を減らしたり、思考をシンプルにすることでいろんな意味でスッキリした生活を送っています。

しかし、「ミニマリストのメリットはなんとなく想像できるけど、デメリットはどうなのか?」

という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は実際に必要最低限のもので暮らしている私たち夫婦の体験をもとにミニマリストのデメリットを紹介していきます。

デメリットを知った上でミニマリストがいいなと思った方は、少しずつ取り組んでみるのもいいですね。

メリットについてまとめた記事はこちら

>>ミニマリストになることで得られるメリット

本編の前に少しだけ自己紹介をさせていただきます。

この記事を書いた人
  • 30代
  • 夫婦二人暮らし
  • 元衣料品販売員
  • ミニマリスト

 https://instagram.com/erishusband

 https://twitter.com/eris_husband

下の写真は我が家の写真です。

私はこのような「少ないもので過ごす」生活を夫婦で3年以上しています。

そんな中で得られた経験をもとに書いた内容となっていますので、信頼して見ていただけたらと存じます。

それでは、少し寄り道してしまいましたが本編へいきますね。

バイセル
目次

ミニマリストのデメリット

ミニマリストのデメリット

私たち夫婦がミニマリストの生活をして感じたデメリットはこちらです。

全部で5つです。それぞれ順番に説明していきますね。(それぞれタップすると飛べます)

慎重になりすぎて物が簡単に買えない

ミニマリストのデメリットひとつめは「慎重になりすぎて物が簡単に買えない」です。

ミニマリズムの考えとして、自分の身の周りのあらゆるものを”本当に必要なのか”と考え、自分に合った最適な量まで減らしていくことがあります。

その考えを持った上で新たな物を購入しようすると、「本当に必要なのか」と時間を使用して考えることになりますよね。

結果、慎重になりすぎてしまうため、物が簡単に買えなくなってしまうことがあるのです。

悪く言えば優柔不断になってしまうということですね。

客人を呼ぶときに物が足りない時がある

ものが足りない時がある

家の中のものを必要最低限にすると、来客がきた時にものが足りなくなるデメリットもあります。

特に注意すべきは食器です。

我が家は必要な分しか食器を用意していないため、来客が一人ならまだなんとかなりますが、二人だと正直きついです。

さすがにコップは2人分を4人で飲むわけにはいかないので、人数が増えても大丈夫なように常備するようにしました。笑

知人を食事で招き入れることが頻繁にある方は減らしすぎも禁物ですね。

客人が落ち着かない、くつろげないことがある

テレビのない部屋

ミニマリストの方は、空間を広く使うため極力部屋に物を置きません。

そのため、客人が落ち着かない、くつろげないと感じることもあります。

たとえば、我が家にはテレビがなくテーブルが部屋に置いてあるだけなのですが、落ち着かないと言った友人もいました。

たしかに、することがなくなったときに見るものがないので、落ち着かない人もいそうですね。

そのため、プロジェクタースクリーンを設置して映像を見れるようにしました。

スッキリしてて場所を取らないので、活躍しています。

>>【ニトリのドルフィン】プロジェクターにもなるカーテン

防音性が低くなる

家具やものには音を吸収してくれる、防音の効果があることを知っていますか?

我が家も以前はそれなりの量の家具がありましたが、食器棚やテレビなど、いろんなものを減らしました。

その結果、以前より少し隣人の物音が気になるようになった気がします。

生活に支障がレベルではないのでご安心を。

冬寒い

物が少ないと熱がこもりにくくなるため、室内の気温が上がりにくいです。

住んでいる家にもよりますが、物が少ないフローリングの部屋は、多い部屋と比べ寒さを感じます。

電気代もミニマムにしようとすると風邪をひいてしまうため、気をつけましょう。

メリットの存在が大きいから続けてます。

最低限のものしか置かない部屋

これまでデメリットを紹介してきましたが、おそらく

こんなにデメリット多いのになんで続けてるの???

と思った方が多いのではないでしょうか?

しかし、デメリットがある中でも私たち夫婦はミニマリスト生活を続けています。

その理由は

デメリットよりメリットの存在が大きいからです。

先ほども少し触れましたが、私たち夫婦が考えるミニマリストとは

自分の身の周りのあらゆるものを”本当に必要なのか”と考え、自分に合った最適な量まで減らしていくことです。

これを続けていくことにより部屋だけでなく、思考もスッキリするため、

本当に自分たちに必要なもの”が取捨選択できるようになっていきました。

このメリットの存在がデメリットより大きいため、ミニマリスト生活を続けているのです。

メリットはこちらを参考にしてください。↓

>>ミニマリストになることで得られるメリット

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したデメリットを見て、下記のように思えたならあなたはミニマリストに向いているかもしれません。

こんな人は向いているかも?
  • これくらいのデメリットなら気にならない
  • 全然デメリットと思わない
  • それよりメリットの方が大きいと感じる

また、「こんなにデメリットが多いのは嫌だ」という方も、”物が少なくてスッキリ”が与えてくれるメリットは大きいので、

小さなことでも良いので少しずつ試してみると良いかもしれません。

ミニマリストの考えを取り入れることで部屋も、思考もスッキリした時間が過ごせると良いですね。

 

バイセル

■関連記事

・ミニマリストの収納部屋

>>ふすまを外して押し入れをインテリアに

・スッキリした部屋に合う照明

>>ダイニングとキッチンをおしゃれな照明に

・いつでも人を呼べるような家に

>>居心地の悪い家の原因は日々の行動から来てる?いつでも呼べる部屋にするには

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる