MENU
紹介している商品はこちら

洗濯するのってめんどくさすぎませんか?|5分で終わるラクな方法教えます。

みなさんは下記のように悩んでいませんか?

?こんな風に悩んでいませんか?

・毎日洗濯物を干すのがめんどくさい

・洗濯にかかる労力を最小限にしたい

とってもとってもわかります。毎日洗濯をするのってめちゃくちゃ面倒ですよね。

洗濯はめんどくさいですが、私はこれから書く内容を実践して以前より洗濯がだいぶラクになりました。

ぜひ参考にしてみてください。

本編へ行く前に少しだけ自己紹介をさせていただきます。

この記事を書いた人
  • 30代
  • 夫婦二人暮らし
  • 元衣料品販売員
  • ミニマリスト

 https://instagram.com/erishusband

 https://twitter.com/eris_husband

我が家は”ミニマリスト”と言われる最小限のもので減らす生活をしているのですが、ものだけでなく

「家の中をいかに効率よくするか」

ということも日々考え行っています。

その中の一つが「洗濯」

本記事はそんな私が「洗濯の効率を追い求めた結果得られた方法」を書いてますので、信頼して見てください。

それではどうぞ。

目次

洗濯するのってめんどくさすぎませんか?|ミニマリストの観点からラクな方法教えます。

我が家が取り入れている洗濯方法は以下3つです。

  1. 物を必要最小限に抑えて洗濯物の種類を限定する
  2. 乾燥機能を使用する
  3. 洗濯後の動きをシンプルにして時間を短縮する
  4. 洗濯マグちゃんを使用する

全てをいきなり行うのは難しいですが、一つでも取り入れれば洗濯がラクになっていきますよ。

つまり、全部できたら結構ラクになるということです。

順番に説明していきますね。

 

1.物を最小限に抑えて洗濯物の種類を限定する

洗濯にめんどくささを感じる原因の一つとして「洗濯物の種類が多いこと」があります。

たとえば

この服は乾燥がかけられない

この服は色落ちするかもしれないから別で洗う

など、洗濯物の種類が増えてしまうとそれに伴って洗濯に時間を費やすことが考えられますよね。

我が家では洗濯をするだけなのにいちいち考えたくないという思いが強かったため、洗濯に合わせて物を選別し、めんどくささを減らしました。

  • ガシガシ洗えて、シワになりにくいものを選ぶ
  • 色落ちしやすい素材は避ける
  • 所有する服を最小限にする

それぞれ具体的に説明をしていきます。

ガシガシ洗えて、シワになりにくいものを選ぶ

ガシガシ洗えて、シワになりにくいもの

これらのものは何も気にせず洗濯機にポイっと入れることができます。なぜなら特別な管理が必要ないからですね。

いっぽう、以下のようなものは洗濯する際に少し手間がかかりますよね。

  • 乾燥をかけられない
  • おしゃれ着洗いが必要
  • シワになるから後でアイロンが必要

考えるだけでめんどくさいー。

これをいっさい考えなくて良くするために、ガシガシ洗えて、シワになりにくいものを選ぶと洗濯のめんどくささが減ります。

ちなみにシワになりにくい素材はポリエステル、ナイロンです。

 

色落ちしやすい素材は避ける

色落ちは服に付いた染料が取れてしまい薄くなってしまうことなのですが、それだけでなく他の服に色移りをしてしまう可能性もあります。

とは言え、いちいち分けて洗濯をするのはめんどくさいですよね。

そのため、薄い色かつ色落ちしにくい材質(ナイロン、ポリエステル、アクリル)がおすすめです。

逆に色落ちしやすい素材はレーヨン、キュプラ。

しかし、化学繊維を苦手とする方もいますよね。

私もその一人なのですが、肌が弱い(アトピー)ため柔らかい綿素材のものを着るようにしています。

この商品は綿素材ですが、シワになりにくいのでガシガシ洗っています。参考にしてみてください↓

>>ムジラボの「超長綿天竺編みクルーネック長袖Tシャツ」が秀逸|夫婦やカップルでロングシーズン使える新たな主戦力に

所有する服を最小限にする

所有する服が少なければ少ないほど管理がしやすくなります。

もしくは同じ種類のものを複数持つようにすれば順番に回していくだけになるので、同じく管理はしやすくなりますね。

>>ミニマリスト夫婦の洋服収納公開

 

もう一度まとめ

  • ガシガシ洗えて、シワになりにくいものを選ぶ
  • 色落ちしやすい素材は避ける
  • 所有する服を最小限にするか、同じ服を複数で管理

これにより我が家では洗濯の際に余計なことは考えず、

”洗濯物を入れてスイッチを押すだけ

という行為になったため、「洗濯がめんどくさすぎる」という気持ちが減りました。

ちょいまち!でも洗濯物って干さないといけないじゃんー!それがめんどくさい!

と思った方、そうなんです。

洗濯物でめんどくさいと思ってしまう大きな原因のひとつが「洗濯物を干すこと」なんですよね。

この”洗濯でどうしても発生してしまうめんどくささ”を解決するためにしたことを次項で説明します。

2.乾燥機能を使用する

”洗濯でどうしても発生してしまうめんどくささ”を解決する方法は乾燥機能を使用するです。

なぜなら

乾燥機能を”うまく”使用すれば洗濯物を外に干さなくてよくなるからです。

具体的に我が家を例に出すと毎日以下の物を洗濯しています。

  • タオル
  • 下着類
  • パジャマ
  • 台所の布巾
  • ランニングウェア
  • Tシャツ

ここでポイントなのですが、乾燥をフル活用するためには洗濯物の素材も気にするべきです。

乾燥に弱いものは持たない

我が家が使用しているものは全て縮みづらい、乾燥に強い素材のものを使用しているため、乾燥にかけても気になりません。

そのため、洗濯は乾燥まで一気にかけ、洗濯槽から取り出して畳んでしまうだけ。

乾燥に強い素材はポリエステル、ナイロンです。

さらに我が家は乾燥機能の充実と、洗濯の負担を考えた結果ドラム式洗濯機を使用しています。

最近の縦型洗濯機にも乾燥機能が付いていますが、より効率的な乾燥機能考えるとドラム式洗濯機に軍配が上がります。

気になる方はこちらを参考にしてみてださい。

>>ドラム式洗濯機のメリットデメリット

割高ですが、利便性を追求して購入するのはアリだと感じました。

3.洗濯後の動きをシンプルにして時間を短縮する(年間90時間の節約!)

洗濯を面倒だと感じるのが、以下の一連の作業なんですよね。

  • 洗濯槽から取り出す
  • 干す
  • 畳む

正直これを何もやらなくて良い状態にするのは不可能ですが、より動きがシンプルになるように工夫することで時間を短縮することができます。

具体的に我が家の例を出すと(乾燥機能を使用するので干す過程が無くなります)

STEP
お風呂上がりに使用する物をその場でたたむ(2,3分)

タオルをたたみます。パジャマ、下着はお風呂上がりに整えながら着れば良いので、適当に。

STEP
残りを収納場所へしまう(2分)

ハンカチ、靴下などをしまいます。キッチンタオルは翌朝取り変えるので適当にしまう。

こんな感じで、洗濯物を取り込んでしまうまでに5分くらいでいけます。

やることを少なく、シンプルにしたことで洗濯物の取り込みにかかるストレスをかなり減らすことができました。

作業をシンプルで効率的にすることができれば時間短縮になりますし、洗濯物を管理するハードルがかなり下がります。

これにより我が家は「洗濯がめんどくさすぎるー」という気持ちが一気に減りました。

ちなみに以前使用していた縦型洗濯機と比較すると15分近くは時間が節約できていると感じます。

年間計算すると90時間の節約です!

4.洗濯マグちゃんを使用する

これは少しおまけ要素ですが、洗濯マグちゃんの使用です。

ご存知でない方に説明させていただくと、洗濯マグちゃんはマグネシウムの粒で出来ていて、一緒に入れると洗濯物の匂いをとってくれる商品です。

そのため洗濯マグちゃんを使うと、洗濯をかける際に毎回洗剤を入れる必要がなくなるため、めんどうな洗濯がラクになりました。

我が家は洗濯マグちゃんを洗濯槽に入れっぱなしにしているため

  1. 洗濯槽に洗濯物を入れる
  2. スイッチを押す
  3. 洗濯物を洗濯槽から出してしまう

この3つのフェーズのみになりました。

洗濯マグちゃんは合う合わないがあるので下の記事を参考にしてみてください。

>>洗濯マグちゃんのデメリットを大公開!|良いとこだけ見るのは危険?

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は洗濯物のめんどくささを解消する方法を書かせていただきました。

  1. 物を必要最小限に抑えて洗濯物の種類を限定する
  2. 乾燥機能を使用する
  3. 洗濯後の動きをシンプルにして時間を短縮する
  4. 洗濯マグちゃんを使用する

我が家は上記のことをしてから、洗濯に対するめんどくささはかなり減りました。

ものの管理が少しめんどくさいと感じる方もいるかもしれませんが、一度環境を整えてしまえば後がかなりラクです。

家での作業負担を減らして、ストレスのないおうち時間を過ごせると良いですね。

最後まで見ていただきありがとうございました。


■関連記事

>>物を減らすことで家の居心地を良くしましょう|家の居心地が悪くなる原因

>>洗濯マグちゃんはデメリットが多い?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる