MENU
紹介している商品はこちらでも

ミニマリストのクローゼット(押し入れ)【夫婦二人暮らし】

「ミニマリストのクローゼットの中身が知りたい」

「二人暮らしのミニマリストのクローゼットの収納例見てみたい」

「二人暮らししているけどクローゼットがぐちゃぐちゃになってしまう」

本記事はこのように悩んでいる方にオススメです。

こんな方におすすめ
  • 夫婦二人暮らしでクローゼットの管理をどうしているのか知りたい
  • ミニマリストのクローゼットの収納例が見たい
  • 洋服が多くてクローゼットが管理できない

洋服は毎日着るものなので減らしすぎても困るし、逆にありすぎても場所を取るため困りますよね。

加えて、ミニマリストのようなスッキリとした生活をするためには、洋服に関しても自分たちが本当に必要なものだけを置いておきたいものです。

今回は、ものを必要なものだけに抑えた生活を送っている私たち夫婦のクローゼット(押し入れ)の実例を紹介します。

一つの意見として参考にしてみてくださいね。

本編へ行く前に少しだけ自己紹介をさせてください。

この記事を書いた人
  • 30代
  • 夫婦二人暮らし
  • 元衣料品販売員
  • ミニマリスト

 https://instagram.com/erishusband

上記の写真のように私たち夫婦は、家にあるものが「本当に必要なもの」だけになるように、ミニマリスト生活をしています。

洋服収納も試行錯誤しながら減らしていったものの一つですので、参考にしていただけたらと存じます。

それではどうぞ。

キッチン収納が気になる方はこちら↓

>>ミニマリスト夫婦のキッチン収納

バイセル
目次

ミニマリスト夫婦のクローゼット(押し入れ)

洋服収納

クローゼットと言っても我が家は押し入れになりますが、「押し入れの一部を突っ張り棒を使用し、ハンガーにかける」という収納を行っています。

現時点でクローゼットにハンガーで掛かっている洋服の数は以下です。

夫婦アウターカットソー、シャツ
2着3着
2着2着
夫婦の洋服の数

押し入れ収納が気になる方は↓記事を参考にしてみてくださいね。

>>襖を外して押し入れ収納を広く活用する方法

アウター、シャツ、カットソー

後ろの方(冠婚葬祭用の服)がゴチャついてしまっており、まだ発展途上なのですが、

突っ張り式ハンガーラック1本で収まっています。(奥行きは72cm)

アウターは妻、夫それぞれ2着ずつ。

夫のアウター2着

左:ユニクロのウルトラライトダウン
右:スノーピークのダウン

妻のアウター2着

左:クラシカルエルフのリバーシブルアウター
右:ユニクロのウルトラライトダウン

もともとはお互いに5着ずつくらいアウターを持っていましたが、使用頻度を考え2着に減らしました。

二人で毎朝運動をしている為、ともに防寒用としてユニクロのウルトラライトダウンを持っていますが、普段使いするのは一着のみです。

「片方をメインにして、もう片方はサブ」

今はそんな使い方をしています。

夫のカットソー3着

ムジラボのカットソーで、毎年購入して使い回しています。

春、秋はこれ一枚、本格的な夏手前までは袖捲り、冬はインナーとして着ています。

詳しく知りたい方は下記事を参考にしてみてください↓

>>ムジラボのTシャツが秀逸|夫婦で使える万能なカットソー

今季購入した、ユニクロのフリースプルオーバーです。

夫は肌が弱く、セーターだと毛がチクチクして肌に合わなくなってきため、セーターを手放しました。

今冬はムジラボのTシャツを下に着て、これをメインに着ていこうと考えています。

妻のシャツ2着

妻のシャツ

妻は写真と同じ服を2着持っており、基本的に毎日同じ格好をしています。(これにユニクロのスマートアンクルパンツ(黒色)を着用。)

この服は

  • シワになりにくい
  • 部屋干し2,3時間で乾く
  • サイドのスリットでシルエットがふんわり
  • 上品な印象のとろみ素材

ドラム式洗濯機で乾燥までかけてもシワにならない優れものです。(paypayモールのクーポンを使用するとかなり安く購入できます)

また、二人とも普段スーツを着ない&服装が自由な仕事のため、仕事もプライベートも同じ格好で生活しています。

無印の収納BOXに夫婦それぞれのインナーなどを収納

そのほかの衣類は無印良品のポリプロピレンケースに収納しています。

■上段

■下段

また、衣装ケースをそのまま使用すると中身が見えてしまうため、別売りの目隠しシートを使用。↓

>>無印の衣装ケース目隠しシート

これが意外とお気に入りです。何より安い。

少しそれてしまいましたが、内訳は下のような感じです。

妻はインナーとボトムスを一つのBOXに収納してます。

夫の収納はボトムスが2本、夏のショートパンツが2本、ニット帽とキャップがあるため大きめのBOXで収納。

妻の方が少なめです。

簡単な紹介になってしまいましたが、夫婦の洋服収納は以上です。

夫婦の洋服の数と服選びのポイントをまとめてみました。

スクロールできます
夫婦アウターカットソー、シャツボトムス帽子
夫(10着)2着3着2本2つ4足
妻(7着)2着2着2本4足
夫婦の洋服の数
  • ボトムスとカットソーは全部組み合わせ可能に
  • 帽子で全体のバランスを整える
  • 肌にあう生地選び
  • 洗濯のしやすさ(シワになりにくい)
  • サイズ感大事
夫の服選びポイント
  • 基本毎日同じ服(迷わない)
  • 洗濯のしやすさ(シワになりにくい)
  • サイズ感大事
妻の服選びポイント

ユニクロと無印良品が多めですね。

また、それぞれの好みやこだわりがあるので、お互いが納得する服の量で生活できたらそれで良しとしています。

さいごに

ミニマリスト夫婦のクローゼットを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

洋服に関してはいろんな趣味があるので参考になるかわかりませんが、今の服の量は私たち夫婦にはちょうど良い、満足のいく量だと感じています。

私たちが考える「ちょうど良い量」というのは自分自身で把握、管理ができる量だと考えています。

以前は、洋服が好きすぎて頭の中が洋服でいっぱいになっていましたが、「ちょうど良い量」にしてからは、洋服に使う時間が圧倒的に減りました。

洋服で部屋も自分の頭の中もごちゃごちゃになるのは嫌だったので、減らせて良かったと感じています。

しかし、洋服自体は好きで「こんな格好良いな」という考えは持っているため、今後増えたりもするかもしれません。

でも、自分が把握して管理ができる「ちょうど良い量」というのはキープしていけたらなと思ってます。

本記事が少しでもみなさんの暮らしのお役に立てれば幸いです。

それではまた。


■関連記事

>>断捨離の効率良い方法

>>ミニマリスト夫婦1LDKの部屋紹介

バイセル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次