MENU

ドラム式洗濯機のメリット、デメリット|設置時の確認事項も説明します。

エリーさんの夫

・ドラム式、縦型どっちが良いのか悩んでいる。
・メリットだけでなくデメリットも知りたい。

上記のような悩みが解決できる記事ですので、ぜひご覧ください。

本記事の内容

・ドラム式洗濯機のメリットとデメリット

・ドラム式洗濯機を実際に使用している筆者のの声

・設置時、購入時に確認しておくべきこと

・【おまけ】洗濯マグちゃんを使うと最強

ドラム式洗濯機のメリットとデメリットを説明する前に、縦型とドラム式の洗濯方法の違いについて説明していきます。

「知ってるから良いよ」という方は飛ばして下さいね。

知っておいて損はないですよー。

縦型とドラム式の洗濯方法の違い

ドラム式と縦型の見た目が違うのは誰もがわかると思いますが、それぞれの洗濯方法の違いはごぞんじですか?

ドラム式と縦型の洗濯方法の大きな違いは洗い方です。

それぞれ以下の方法で洗濯をしています。

縦型洗濯機

円柱の洗濯槽に水を溜め水の「遠心力と衣類同士を擦り合わせること」により洗浄をします。

ドラム式洗濯機

洗濯槽が斜めまたは横の状態で回転し「衣類が上に行き落下する」という動きにより洗浄をします。

洗濯物が横にぐるぐる回るのが縦型で、上下に落下するのがドラム式なのです。

 簡単ですが、縦型とドラム式の違いでした。

それではメリットとデメリットを説明していきます。

目次

ドラム式洗濯機のメリットとデメリット

洗濯機は高価な家財なので、購入は慎重になりますよね。

さらにドラム式洗濯機は縦型と比べて一気に値段が上がるため、より慎重に選んだ方が良いです。

そのため、私たち夫婦が実際に使用して感じたメリットとデメリットを見てもらい、購入の際の参考にしていただけたらと思います。

それではドラム式洗濯機のメリットとデメリットを説明していきますね。

まずはメリットから説明していきます。

ドラム式洗濯機のメリット

私がドラム式洗濯機を実際に使用してみて感じたメリットは5つです。

  • 洗濯物を干さなくて良い
  • 時間短縮
  • 水道代、電気代の節約
  • 衣類に優しい
  • 見た目がカッコ良い

順番に説明していきますね。

 

洗濯物を干さなくて良い

「洗濯物を干すこと」大変ですよね。

天候に左右もされますし、暖かくなってきたら虫に侵入されることも…。

しかしドラム式洗濯機は乾燥機能を使用すれば「洗濯物を干すこと」を考えなくて良いのです。

洗濯機に放り込んでスイッチをポンっ!以上!

洗濯が終わったら洗濯機から取り出して終了です。※乾燥にかけられない衣類は脱水まで行った後に干さないといけないので注意してください。

詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

>>洗濯のストレスを最小限にしましょう

 

時間短縮

洗濯物を「干さないこと」によって時間短縮になります。

私も以前は縦型洗濯機を使用してましたが「干さないこと」によって時間の空きが生まれましたし、何よりめちゃくちゃラクです!

また、暑い夏や寒い冬に洗濯物を外で干すのはなかなか大変ですよね。その時間が無くなるのはとても助かっています。

 

水道代、電気代の節約

ドラム式の場合全ての衣類を水に浸ける必要がないため、縦型より少量の水で洗浄可能です。

また、乾燥機能に関しても電気代を抑えて乾燥できる「ヒートポンプ方式」により効率良く熱交換が行われます。

そのため縦型と比べると電気代の節約にもなるのです。

光熱費の節約はとっても助かるのぉ

 

衣類に優しい

ドラム式洗濯機は縦型と比べ「少量の水で洗濯でき」「衣類同士の摩擦が少ない」という特徴があるため

繊維の痛みが起こりにくくなり縦型と比べて衣類に優しいというメリットも存在します。

我が家は服自体が少ないため、同じ服の洗濯頻度が多いのですが、洗濯で服が痛んでしまったことは今のところないです。

 

見た目がカッコ良い

なんと言ってもここを大事にする方が多いのではないでしょうか。

特に、インテリアにこだわる方には見た目がスタイリッシュなドラム式洗濯機はとってもオススメですよ。

私もなんだかんだ言ってますが、見た目が結構決めてでした。

 

ドラム式洗濯機のデメリット

先ほどはメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

メリットも大事ですが、デメリットを教授できるかの方が重要ですので、しっかり見ていきましょう。

  • 価格が高い
  • 場所をとる
  • 重さがある
  • 振動音

それでは順番に説明していきますね。

 

価格が高い

縦型は一人暮らしの場合で2〜4万円、人数多め家族なら10万円は超えるため、平均して6〜8万円くらいです。

いっぽう、ドラム式の場合は10万円〜30万円約2倍の差が出ますね。

簡単に買える額ではないですよね。

場所をとる

縦型と比べて横幅が大きいため場所を取ります。

また、条件により設置が出来ない賃貸もあります。(工事すれば可能な場合ありますが今回は記載してません。)

そのため、購入時に以下事項の確認を必ずしましょう

スクロールできます
確認事項ポイント
・搬入時に洗濯機が通れるか搬入が出来ずに断念、なんて可能性もあります。そうならないように玄関、廊下など搬入口全てを確認しましょう。
・洗濯機を置くスペースがあるか
(防水パンのサイズは足りているか)
防水パンが設置されている家はサイズを確認しましょう。
・水道管の高さは足りているか高さが足りていないと工事の必要が出てくるため、高さも必ず確認
・給水栓がドラム式対応か我が家は非対応だったため水道栓ジョイントを購入しました。(新しい賃貸は対応していることが多いです)
ドラム式洗濯機購入時の確認事項

重さがある

構造上、重さは縦型が約40kgに対してドラム式は80kgほど。つまり約2倍の違いがあります。

おとな二人で持ち上げるとしてもなかなか大変な重さですよね。

そのため搬入、搬出は業者さんに頼んだ方が無難です。

我が家も引越しの際に洗濯機だけは業者さんにお願いしました。

さすがに腰をいわしますので無理はしないでください。

振動音

ドラム式の場合すすぎ、脱水、乾燥の際に構造上振動が激しくなるため縦型と比べて振動音がうるさくなります。

我が家は賃貸のため、騒音は凄く気になる点でした。

そのため、我が家のドラム式はパナソニックなので、パナソニック純正の防振ゴムマットを購入しました。

ゴムマット設置後はだいぶ振動音が軽減されました。

そして防振ゴムマットに関しては、純正の防振ゴムマットの使用をおすすめします。

なぜなら合わないゴムマットを使用してしまうと、以下のように逆効果になってしまうこともあるからです。

  • 余計にうるさくなる
  • 洗濯機が傾いて故障の原因になる

騒音はご近所トラブルにもなりかねないため、ドラム式洗濯機を購入予定の方は防振ゴムマットも確認しましょう。

【おまけ】洗濯マグちゃんを使うと最強

ここからはおまけなのですが、「我が家で洗濯の際に使用している洗濯マグちゃんが最強」というお話です。

マグちゃんが何をしてくれるのかというと、洗剤を使用せずに洗濯もの匂いを取ってくれます。

マグちゃんの正体はマグネシウムの粒。マグネシウムが衣類の匂いを分解する事によって、洗剤を使用せずに洗濯が可能なのです。

更には洗濯槽の匂いも分解してくれるそう。

我が家では、ドラム式の中に常にマグちゃんを入れたままにしてます。

ドラム式洗濯機との相性は良いです。

今は自動で洗剤を投入してくれる洗濯機もありますが、そのそのためにわざわざ新しく買うなんてことはお金に余裕がある人しかできませんよね。

そのため以下のような方は試してみても良いかもしれません。

  • 洗濯槽の匂いが気になる
  • 衣類の生乾きの匂いが気になる
  • 洗剤を毎回買うのがめんどくさい
  • 洗剤を毎回入れるのがめんどくさい

実際に使用して感じたデメリットも書いてますので参考にしてみてください。

>>洗濯マグちゃんのデメリットを大公開

さいごに|購入前にデメリットもしっかり確認しましょう

以上がドラム式洗濯機のメリット、デメリットです。

いかがでしたでしょうか。

ドラム式洗濯機は価格が高い以外にもデメリットが存在します。

私自身は「デメリットは対策すれば問題ない」と考え、高価ですが購入に至りました。

そして実際に使ってみて「買ってよかったな」と感じています。

何より洗濯の手間が省けた事で洗濯に対するハードルが下がったのが大きいです。

それぞれの家庭に「合う、合わない」があると思うので、しっかり確認ができると良いですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる