MENU

ミニマリスト夫婦のキッチン収納とキッチン用品|必要なものだけで過ごす

キッチン周りをスッキリさせたいですか?

今回はミニマリストである私達夫婦のキッチン収納、キッチン用品を紹介します。

ただ、物を減らすだけではなく、ちょっとした工夫も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事は以下のような人にオススメの記事です。

こんな人にオススメ

・キッチンがどうしてもごちゃごちゃしてしまうため、スッキリさせたい

・夫婦、カップルなど二人暮らしのキッチンで必要な物が何か知りたい

・キッチンの収納例を見たい

・キッチン周りの工夫が知りたい

本編の前に少しだけ自己紹介にお付き合いください。

この記事を書いた人
  • 30代
  • 夫婦二人暮らし
  • 元衣料品販売員
  • ミニマリスト

 https://instagram.com/erishusband

 https://twitter.com/eris_husband

私は妻と二人で「必要な分だけで過ごす」生活をしています。

日々、いろんな工夫をしながらミニマリスト生活をしています。

今回はその中でも妻がお気に入りのキッチンを紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ミニマリスト夫婦のキッチン収納とキッチン用品

キッチン

キッチン周り

物を減らしすぎると利便性も下がってしまうこともあるため、利便性を一番に必要最低限のものを持つようにしています。

二人暮らしのキッチンの一例として、参考程度に見ていただけたらと存じます。

それでは紹介させていただきますね。

フライパン

鉄フライパン

テフロンフライパンには寿命があるので一生使える鉄フライパンを使用しています。

買い替えを考えなくて済むので、思考のムダを省けます。

鉄フライパンだと炒め物が美味しく仕上がるのと、単純にフライパン自体の見た目がかっこいいです。

詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

>>鉄フライパン、リバーライト「極」のレビュー

なべ

こちらが我が家が使用している雪平鍋です。

この鍋を選んだ理由を語らせていただきますと

  • 多くの調理場で業務用として使われているメーカーさんなので信頼できる
  • 鍋の内側に目盛りがついていないシンプルな仕様が我がお気に入り
  • 木の取手が外せる仕様
  • 価格も安め

雪平鍋は長く使っていると木の劣化によりグラついたり、木が腐ってしまったりするため、我が家は取手を外して使用しています。

これにより、長く使えるのはもちろん、コンパクトなため洗い物がしやすくなり、何よりも収納がしやすくなります

鍋敷き

わらの鍋敷きは壁にぶら下げるとかわいいだけでなく、実用性も高い商品。

3年くらい使っていますが、焦げやほつれも逆にいい味を出してくれています。

頑丈なので鉄フライパンの重み、熱にも耐えてくれますよ。

ちなみに鍋敷きをぶら下げているフックは100均のものです。

鍋つかみ、ピーラー、ハサミ

お助けキャラ

■鍋つかみ

無印良品のものを使用しています。

コンパクトで生成りの色がキッチンに合います。

>>無印良品公式ページはこちら

■ピーラー

ritter(リッター)を使用しています。リッターはドイツの商品ですが

  • 軽い
  • シンプル
  • 切れ味が良い

この3つが揃った商品で日本でも人気の商品です。

以前は無印良品のピーラーを使用していたのですが、リッターのピーラーと比べると切れ味が全然違います。

めんどうな皮むきがスレレス最小限でできます。

■ハサミ

セリアで購入したハサミを使ってます。ハサミがキッチン周りにあると何かと便利ですね。

 

宙に浮いているスポンジ、洗剤容器

スポンジも洗剤容器も地面についた状態だとどうしても衛生面が気になります

そのため、両方とも100均一で売っているフォルダを使用して、宙に浮かせた状態で保管しています。

洗剤容器は無印良品のものを使用しています。

100均商品はこちらで紹介しています。

>>100均で購入したオススメ商品12選

タオルフォルダ

タオルを手すりにかけると開け閉めの時に干渉してしまうため、100均のタオルフォルダを使用しています。

なかなか便利なので気に入っています。

詳しくはひとつ前で紹介した>>100均で購入したオススメ商品12選の中で紹介していますので参考にしてみてください。

ゴミ、収納

キッチンのゴミ箱と収納BOX

両方とも無印良品の商品を使用しています。

色がホワイトグレーかつデザインがシンプルなため、主張が少なくキッチン周りの空間がスッキリします。

手前二つは無印良品のゴミ箱です。

また、奥にあるものは無印良品の頑丈ボックスで、食料の備蓄をしています。

食材のストックなどをシンクの下に入れるとごちゃごちゃしやすいので、全てこの頑丈ボックスの中に収納をしています。

ちなみに頑丈収納ボックスは座れるくらい頑丈です。災害時の備えを入れておくのも良いですね。

照明

キッチンの照明

後藤照明さんという老舗メーカーが発売している照明。

ものが多くゴチャゴチャしやすいキッチン周りにはシンプルな照明が合います。

詳しくはこちらを参考にしてください。

>>ミニマリストがオススメするキッチンとダイニングの照明

シンク下

続いてシンク下の収納を紹介していきます。

先ほども少し紹介しましたが、シンク下には食材を置かずに、食器類をメインに置いています。

炊飯鍋

我が家が使用している炊飯鍋です。

以前は炊飯器を使用していたのですが

  • 場所をとる
  • コードで繋がないといけない
  • ほこりがたまる
  • 掃除をしずらい

このようなことが気になっていたため、思い切って炊飯鍋に変更しました。

「面倒なんじゃないの?」「難しそう」などの意見を良く聞きますが、そんなことは全然なくて、簡単にそして美味しくご飯が炊けます。

時間も、一般的な炊飯器の通常炊きの時間の約50分と比べ、炊飯鍋は炊けるまでの時間が40分くらいです。

そして何よりお値段が優しい。

個人的には、高額な炊飯器と比べても炊飯鍋で炊くご飯は引けを取らないくらい美味しいと感じてます。

食器の数

夫婦二人で持っている食器の数は全部で13です。

  • 大皿1枚
  • 大きめのどんぶり2枚
  • ご飯茶碗2枚
  • 汁椀2枚
  • 小皿2枚
  • コップ(ボデガ)2つ
  • 耐熱ガラス皿2つ

当初は「もっと減らす!」と意気込んでいましたが、美味しくご飯が食べたい&利便性を考えた時に、この量がちょうど合っていると考え、今の量に至りました。

なかでも無印良品の大きめのどんぶりはパスタ、カレー、麺類など大体の料理に使えるので食器を減らしたい方にはオススメです。

>>無印良品公式ページで見てみる

大きめのどんぶり

お皿は白で統一

食器類はまだ発展途上ですが、白で統一しています。

スッキリした空間にしたい場合、ものを少なくするのがメインな方法ですが、色を同系色で統一するのも効果的です。

我が家はキッチン以外も白系統で揃えているため、キッチン周りも白を基調にした色で統一しています。

まとめ|キッチンもインテリアのひとつに

キッチンもインテリアに

ミニマリスト夫婦のキッチンを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

築40年以上の古い賃貸のため、決して立派なキッチンではないですが、夫婦二人ともお気に入りの空間です。

それは、二人が厳選して好きなものを集めた空間だから。

そして厳選したものを集めた空間(キッチン)は、もはやインテリアのひとつになります。

毎日使うキッチンだからこそ、自分たちが気に入った空間へと作り上げていきたいものですね。


関連記事

■洋服収納

>>ミニマリスト夫婦の洋服収納を公開

■押し入れ

>>押し入れを見せる収納に|ミニマリスト夫婦の押し入れ収納

■ミニマリストのメリットとデメリット

>>断捨離のメリット|実際に夫婦でミニマリスト生活をしてみて

>>ミニマリストはデメリットが多い?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる