MENU

シンプルでコンパクトな家庭用プロジェクターまとめ【ミニマリストにおすすめ】

シンプルでコンパクトな家庭用プロジェクターを探していますか?

プロジェクターって種類が多すぎて何を選んだら良いかイマイチわからないですよね。

私も同じ気持ちでした。

いろんな種類のプロジェクターを調査したのち購入に至りましたが、

自分が求める条件のプロジェクターに出会うまでかなり探しましたし、時間もかかりました。

そこで今回は私が探したものと同じ条件「シンプルでコンパクト」で探している方に向けて、おすすめの商品をまとめてみました。

本記事を読んでいただけたら、「シンプルでコンパクトな家庭用プロジェクター」を網羅することができます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ミニマリストの方にもおすすめです。

本記事でわかること
  • ミニマリストに合う家庭用プロジェクター
  • シンプルでコンパクトな家庭用プロジェクター

上記をまとめて見ることができます。

それではプロジェクター紹介へいきます。

まずはプロジェクター選びに失敗をしないための確認事項を説明させていただきます。

必要ない方はこちらでスキップして下さいね。

目次

プロジェクターを導入してからの「しまった」を防ぐために

以下は、実際に私がプロジェクターを導入してみて、「もっとしっかり確認しておくべきだった」と感じた項目です。

事前に確認ができていると、プロジェクターを家に導入してからの「しまった」を防ぐことができますので、参考にしてみて下さい。

投射距離があるか

基本的にプロジェクターで映像を投射するためには、ある程度の距離が必要になってきます。

我が家が導入したプロジェクターの場合だと、約70インチのスクリーンに投射をするのに約2mの距離が必要だったため、

うまく投射できる場所を見つけるのに少々手こずりました。

そのため、「プロジェクターから投射するスクリーン(壁)への距離が確保できるか」ということは事前に確認をしておいた方が良いです。

壁への距離が確保できない場合は「天井に投射する」という方法もありますね。

また、距離を確保できない方には「単焦点プロジェクター」というものもあります。

単焦点プロジェクターには100インチを1m以内で投射できたりするものありますが、値段が高くなる傾向があります。

そのため、まずは「部屋のレイアウトを変更して投射できる方法はないか」と考えた方がコスパ的には良くなりますね。

明るさはあるか

明るさがあると昼間でも写せる

「明るい状態でも映像を見たい」と言う場合は、ある程度の明るさが必要になります。

具体的な数値としては、それぞれのメーカーが推奨する数値を平均して「3000ルーメン」は欲しいと判断しています。

いっぽう、映像を見るのが「暗い部屋」、「夜だけ」と言う場合は明るさはさほど重要ではないです。

台形補正機能が付いているか

台形補正機能はあると大変便利です。

なぜなら、プロジェクターは正面から投射できないことにより、映像の縦横のズレが生じてしまうことが多いからです。

しかし、そんな場合でも、補正機能があれば修正が可能です。

また、少し価格帯が高くなりますが映像のズレを自動で修正してくれるプロジェクターもあり、

「プロジェクターを使用するのが初めてで操作が不安」と言う方にとってはとても便利な機能です。

「家の配置上斜めからしか投射出来ない場合」は補正機能の有無をしっかり確認しましょう!

TV Stick(ストリーミングメディアプレーヤーが必要か

プロジェクターによっては、AmazonPrime、Hulu、Netflixなどを見るのにTV Stick(ストリーミングメディアプレーヤーが必要になります。

ストリーミングメディアプレーヤーで有名なものを挙げると「Fire TV Stick 」、「Chromecast 」、「AppleTV 」がありますが、

その中でも「Fire TV Stick 」は安いので一番手を出しやすいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる