MENU

テレビを見ないことで得られたメリット9つとデメリット2つ

最近テレビを見る機会が少なくなってきた。
youtubeメインだし、見てないから処分しようかな

でも無かったらそれはそれで困りそうだし、悩ましい…。

上記のように悩みの参考になる記事です。

本記事では実際に私がテレビを無くしてみて、得られたメリットとデメリットを紹介します。

そして、わたしはこんな人です。

私はこんな人です

・もともとはテレビが大好きで毎日のように見ていた

・結婚してからはほとんどテレビを見ていない(妻も見ない)

・SNSで情報を集めることが多い

・ミニマリスト

さらに本記事の結論を先にいってしまうと、メリットの方が強いためテレビを無くしてよかったと感じています。

本編を見ていただいて”これからテレビをどうするか”参考にしてみて下さいね。

この記事を書いた人
  • 30代
  • 夫婦二人暮らし
  • 元衣料品販売員
  • ミニマリスト

 https://instagram.com/erishusband

 https://twitter.com/eris_husband

目次

テレビを見ないことで得られたメリット9つとデメリット2つ

 

実際に無くしてみて感じたメリットは9つ

  • 時間の有効活用ができる
  • 読書の時間が増えた
  • 家での趣味の時間が増えた
  • 人と違う観点で物事を見れる
  • 夫婦の会話が増えた
  • 掃除がラク
  • 家のレイアウトを変えやすい
  • 引越しがラク
  • 電気代が減る

一方、以下3つのデメリットも感じました。

  • 友人が来た時に退屈にさせる可能性がある
  • 情報を自分で取りに行かないと取り残される
  • リアルタイムの番組が見れない

ますはメリットから書いていきます。

テレビを無くして感じたメリット9つ

今や私たちが必要とする必要な情報は全てと言って良いほどSNS、インターネット上で得られるようになりましたね。

そんな中、私達夫婦もテレビの使用頻度が減っていき、処分をすることにしました。

実際にテレビを無くしてみて感じたメリットを書いていきます。

時間の有効活用ができる

  • 家に帰ったらとりあえずテレビをつけて見る
  • テレビに見入ってしまい寝るのが遅くなる

こんな経験ありませんか?

実際に私もそうでした

そんな私がテレビを無くして感じた事が、「時間の有効活用ができる」です。

理由は説明するまでも無いですが

テレビを見ていた時間がまるまる、自分の使える時間に変わったからです。

例えば1日にテレビを3時間、週に5日見てたとします。

月を4,5週だとして単純計算すると、テレビを見ないことによって一ヶ月で約67時間、年間で約800時間の時間が生まれます。

これだけの時間が使えるとなると、これはメリットとして考えても良いですよね。

800時間あれば資格の一つでも挑戦できそう!

読書の時間が増えた

上記で「時間の有効活用ができる」と書きましたが、私自身は読者の時間が増えました。

読書の時間が増えると、テレビとは違った情報が得られますし、自分の興味のある分野を深掘りしていくことができます。

スキルアップにも繋がりますし、大きなメリットと言えます。

家での趣味の時間が増えた

趣味の料理

テレビをなくすことで時間が生まれ、趣味の時間に費やせるというメリットを感じました。

もちろん、テレビを見る時間が悪いとは言いませんが、「自分が好きなことに取り掛かる時間」の方が、人間の満足度は高いと感じます。

趣味はいくつあってもよいですよね。

ちなみに私は料理、ドリップコーヒーにハマっています。

>>初心者でもできる簡単なドリップコーヒーの淹れ方

人と違う観点で物事を見れる

テレビを見ないことで、人と違う観点で物事を見れるようになりました。

たとえば、「芸能人の不祥事」などのニュースはどのテレビ番組でも一日中流れ続けますよね。

そのニュースに対して芸能人やコメンテータが意見を述べますが、大勢の人たちが見聞きする意見です。

テレビを見ないと、ニュースを自分から取り入れにいくため、コメンテーターの意見から入るのではなく、自分の意見が一番最初にきます。

そのため、大勢多数のテレビの意見とは違った観点でニュース(物事)を見ることができます。

夫婦の会話が増えた

テレビを無くして夫婦の会話が増えたのも良かったことのひとつです。

人間は基本一つのことしかできないので、テレビを見始めたら会話は少なくなりがちです。

そのため、家族の会話が少なくて悩んでいる方は、ついているテレビを消す、思い切ってなくすなどしてみても良いですね。

 

掃除がラク

掃除がラクになることもメリットと感じた一つです。

突然ですが、テレビの裏や周りの掃除は欠かさずに出来ていますか?

この質問に「はい」と答える人は少ないのではないでしょうか。

私自身もなかなかテレビ周りは掃除が行き届かず

気づいたらテレビ台やテレビの裏に埃が溜まってしまっている…

このようなことが多々ありました。

しかしテレビをなくすことで掃除箇所がなくなり、部屋の掃除がとてもラクになりました。

場所を取らない事で気持ちもスッキリします。

家のレイアウトを変えやすい

テレビなしのダイニング

家のレイアウトが変えやすいのもメリットです。

テレビは大型家具なので、基本的に場所移動ができないことが多いですよね。

テレビを無くしたことで、家のレイアウトが自由自在になりました。(もともと物が少ないという理由もありますが)

引越しがラク

テレビを無くしたことで引っ越しがとてもラクでした。

テレビなどの大型家具は業者さんにお願いしないと運ぶことが大変ですよね。

引っ越し時にテレビがなかったので引っ越しがラクでした。

金銭的にも、体力的にも助かりました。

電気代が減る

テレビを無くすと電気代の削減ができます。

1時間あたりの金額が約2円くらいなので、年間800時間見ていたとすると、1600円電気代が安くなります。

ケチケチするなといえばそれまでですが

小さな積み重ねはとっても大事です!

以下のような記事(外部サイト)もありますので参考にしてみて下さい。

■テレビを1時間つけると電気代はいくら?節約方法は?

テレビを無くして感じたデメリット3つ

テレビを無くしたことはメリットだけでなく、もちろんデメリットもありました。

説明していきます。

友人が来たときに退屈にさせる可能性がある

テレビがないと友人が退屈することもありますよね。

我が家の場合はサブスクリプションに登録をしたり、プロジェクターで映像を見れるようにしたりなど工夫をしています。

>>ニトリのロールスクリーンカーテンで映画が見れる?

情報を自分で取りに行かないと取り残される

テレビを見ないことで情報収集がおろそかになり、取り残される可能性があります。

テレビをつけておくと、ニュースなどが勝手に流れていますよね。

視覚と聴覚で情報が入ってくる為、毎日の情報収集はしやすい状態といえます。

しかし、テレビを無くす事によりニュースに触れる機会が減り、知っておくべき情報を逃すこともあります。

そのため情報を自分で取りに行かないと取り残される可能性があるのです。

しかし、その中で感じたメリットもありました。

自分が必要としない情報を遮断できる。

 

テレビを見ていると自分が必要としない情報がどうしても入ってきてしまいますよね。

私はニュースをテレビで見ない代わりに、「Twitter」や「NewsPicks」などで情報集めをするようにしました。

自分が必要だと思うニュースのみに関心を注げたため、必要としていない情報は遮断することができました。

テレビ以外で情報を集める習慣を作れば、情報から取り残されることはありません。むしろデメリットからメリットに代わります。

リアルタイムの番組が見れない

テレビを無くすとリアルタイムの番組が見れなくなりますよね。

これによって下記のような弊害があります。

  • 学校や職場で話が合わない(ドラマやお笑いetc)
  • 緊急速報を逃す可能性がある

 

それぞれ具体的に説明していくと

 

学校で話が合わない(ドラマやお笑いetc)

小中高生だと毎日合う友達との会話のネタに困ってしまう可能性がありますね。

「独自性を育てるためにテレビを見させない」という考えもありますが、共通の話題という存在は人間関係を近くします。

子供の頃にテレビを見させなくすることは「話が合わない」など子供自身が困ってしまう可能性があるため、子供の意思をしっかり聞いた上での判断にすべきと考えます。

大人が自分自身の判断で自分だけが所有しているテレビを無くすことは問題ないですね。

  

緊急速報を逃す可能性がある

「テレビを見てたら地震速報が入った」など経験あると思いますが、それを逃してしまう可能があります。

こちらに関してはスマホの緊急速報の設定をしましょう。以下の方法で設定できます。

■ iPhone

  1. 「設定」>「通知」をタップ
  2. 画面一番下の「緊急速報」をONにする。

■Android

  1. 設定メニュー上部の検索画面で「緊急速報メール」と検索
  2. そこでONに変更する

スマホが「唯一の緊急速報を得られる媒体」なので、電源が常に入っているように注意しないといけないですね。

上記ではテレビがないとリアルタイムの番組が見れないと書きましたが

リアルタイムでなくても良いならパソコンで見れますよね。

見たい過去の番組を見れるTVer(http://tver.jp)というサイトもあります。

また、最近は動画配信サービスがあるので見たいものはネットで見れますよね。

まとめ|人によって合う合わないがあるので判断は慎重に

いかがでしたでしょうか?

もう一度まとめると

メリット9つ

  • 時間の有効活用ができる
  • 読書の時間が増えた
  • 家での趣味の時間が増えた
  • 人と違う観点で物事を見れる
  • 夫婦の会話が増えた
  • 掃除がラク
  • 家のレイアウトを変えやすい
  • 引越しがラク
  • 電気代が減る

デメリット3つ

  • 友人が来た時に退屈にさせる可能性がある
  • 情報を自分で取りに行かないと取り残される
  • リアルタイムの番組が見れない

そして、3つのデメリットに関しては異なる方法を取れば、メリットに変えたり、デメリットを感じなくて済みそうですね。

結論、私はテレビを無くしてよかったと感じています。

また最近こんなニュースも見ました。

■10〜20代の約半分「ほぼテレビ見ない」。NHK調査

もちろん人によって合う合わないがあるので、絶対オススメというわけではありません。

筆者自身が体験して感じたことを、ひとつの意見として取り入れていただければと思います。

見ていただきありがとうございました。


■関連記事

>>テレビを見ない生活をして起きた変化

>>ミニマリスト夫婦のキッチン収納、グッズ紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる