MENU

固定費を下げたいけど何から始めよう。そんな方にセルフカットがオススメです。

月々の出費を減らしたいです。
固定費を下げるのがめんどくさいけど何か良い方法ないかな

上記のように考えている方にセルフカットをおすすめする記事です。

この記事は「固定費を下げるためには、髪型くらい失敗しても大丈夫!」くらいのチャレンジャーに呼んで欲しい記事です。

本記事の内容

・セルフカットをして得られた効果|我が家は夫婦で年間約13万円の削減ができました。

・セルフカットの方法。

・セルフカットは定期的に行いましょう。

・夫婦やカップル同士でカットし合うと仲良くなれる。

この記事を書いた人
  • 30代
  • 夫婦二人暮らし
  • 元衣料品販売員
  • ミニマリスト

 https://instagram.com/erishusband

 https://twitter.com/eris_husband

目次

固定費を下げたいけど何から始めよう。そんな方にセルフカットがオススメです。

固定費を下げるのがめんどくさいと感じていますか?

固定費というのは「月々に必ず必要な経費」です。

固定費を下げることでほかのものが買えたりなど、生活の余裕につながります。

さまざまな固定費がありますが、今回は「セルフカット」をして美容院代を(固定費)を減らす方法をご紹介します。

セルフカットをして得られた効果

「なんとかして固定費を減らせないかな」「固定費下げるのめんどくさいな」と考えていませんか?

私も同じことを考えていました。

何か良い方法はないかと考えた結果、思い切ってセルフカットを始めることにしたのです。

 

セルフカットをして得られた効果は以下の2つです。

  • 夫婦で年間13万円の削減ができた
  • 美容院へ行く時間、美容師さんと喋る時間を無くす事ができた

順番に説明して行きますね。

 

夫婦で年間13万円の削減ができた

この記事で一番伝えたいのはこの内容です。

個人的には正直これだけで「セルフカットしちゃえ!」という理由になります。

 

美容院へ行って髪を切ってもらうことは多くの方が当たり前に行っていることですよね。

当たり前に行っている美容院代が年間いくらかかっているか計算したことはありますでしょうか?

私も今まで一切考えた事がありませんでしたが、いざ計算してみるとなかなかの金額に….。

カット代⇨4000円×12ヶ月=48000円

パーマ代⇨6000円×3=18000円

妻のエリーさん

カット代⇨16000×4=64000円

まずは私の美容院代から見ると、毎月カットして、年に3回オシャレにパーマとかあてがってます。笑

妻のエリーさんは少し有名な美容院に通っていて、トップスタイリスト指名料というのが発生していたため、一回の単価が高めでした。

二人の内訳はどうでも良いと思いますが金額は、

合計してみると、なんと年間で13万円

13万円稼ぐのにどれだけ大変か…これは馬鹿にならない金額ですよね。

 

この金額を見て私はセルフカットを始めたのです。しかも私だけでなく、妻のエリーさんも一緒に始めてくれました。

 

セルフカットを始めた事により我が家は年間で13万円の削減が出来たのです。

 

美容院へ行く時間、美容師さんと喋る時間をなくす事ができる

美容院の時間がめんどくさいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

セルフカットにすれば二つの時間を無くす事ができます。(あくまで個人的な見解です)

なくすことができた二つの時間

①美容院にかかる時間(往復の時間も含め)

②美容師さんと喋る時間

 

①美容院にかかる時間(往復の時間も含め)

美容院に行かないことで「美容院にかかる時間」を無くすことができました。

美容院でかかる時間はカットだけでなく、パーマやカラーリングをすると3時間くらいかかりますよね。

さらに、美容院にかかる時間は今後の予定に影響する場合もあります。

たとえば「他の予定をいれようと思ったらその日は美容院の予約が入ってた」なんてこともありますよね。

そのため、

美容院の時間を無くすことによって今後の予定に空きが生まれ、その時間を自分の時間として活用することができるようになりました。

そもそも美容院へ行かなければ、その時間は自分の時間として使えるのです。

 

②美容師さんと喋る時間

美容院に行かないことにより美容師さんと喋る時間を無くすことができました。

私は「美容師さんと話す時間」が苦痛でした。

 

もともと人と話すことが苦手だっため、美容院にいく度に緊張してしまい、背中の汗がビショビショに。笑 

背中の汗はともかく、美容師さんと喋る事が苦手な方はたくさんいると思います。

 

「わざわざお金を払って髪を切りに行っているのに、気を遣ってストレスが溜まる!」というように思っていたため

「美容師さんと話す時間」がなくなったことは良かったことだと感じています。

 

セルフカットの方法

セルフカットの方法に関してはYoutubeを参考に始めました。

最初は自分の感覚で切ると失敗する可能性が高いため、以下の順番で行うのが無難です。

  1. Youtubeを見ながら切り方を覚える
  2. 慣れたら自分の感覚で切っていく

何回も自分で切っていくと技術が付いてきます。

私の場合、今では「ホントに自分で切ってるの?」と友人に言われるくらいです。笑

 

実際に参考にしたセルフカット動画

セルフカットの動画をあげている方はたくさんいますね。

そのなかでも下記動画がわかりやすかったので参考にさせていただきました。

一発では成功しなかったのですが、何回も切っていくうちにカットのコツがわかっていきましたよ。

ただ、あまりにも失敗したら床屋に行きましょうね。

セルフカットは定期的に行わないと維持しずらい

セルフカットは定期的に行って維持することをオススメします。

なぜなら、定期的に切ることによって髪型のバランスを保ちやすくなるからです。

実際に私もセルフカットをして2年以上経ちますが、しょせん素人なのでプロと同じレベルで切ることはできません。

そのため、しばらく放置してしまうと維持が難しくなることが多いです。

しかし、定期的に維持をするようになってからは、常にバランスの良い髪型を保つことができるようになりました。

ですので、セルフカットをする場合は定期的に維持をすることをオススメします。

 

男性には短髪がオススメ

これは男性向けになってしまいますが、セルフカットをする場合は短髪をオススメします。

もちろん人それぞれの毛量や髪質などもあるので一概には言えませんが、短髪にする事によって髪の毛を維持しやすくなるからです。

実際に私は最初長めの髪だったのですが、カットミスをした箇所の調整が難しく、短髪にしたら一気に維持がしやすくなりました。

そのため、もしセルフカットを始めるなら思い切って短髪にすることをオススメします。

夫婦やカップル同士でカットし合うと仲良くなれます。

結婚して毎日過ごしていると会話やスキンシップが減って行きませんか?(もちろん毎日仲良く会話の絶えない夫婦もいらっしゃると思いますが、そういう方はふーんと言う感じで聞き流して下さいね。)

私たちはお互いの髪を切ったりもしているため、コミュニケーションやスキンシップが増えました。

一緒の趣味を楽しんでいる感覚ですね。

 

そのため、ただ固定費が節約できるだけでなく一緒に楽しんでセルフカットをしています。

夫婦はもちろん、同棲をしているカップル同士で切り合うのも楽しそうですね。

さらには、技術が付いてきたら「子供のカットをする」なんてのも良いですね

まとめ

いかがでしたでしょうか?

被服美容費(洋服代など)を月単位でコントロールするのは難しいですが、固定費(今回は美容院代)は一度減らしたらこれからもずっと減ったままです。

私も最初は抵抗がありましたが、自分で髪の毛を切ってみて案外いけるんだなと感じましたし、何より楽しいです。

 

「固定費下げるのめんどくさいな」と悩んでいる方はぜひ、セルフカットにチャレンジしてみてください。

 

ちなみに私は下記のカットばさみとスキばさみを購入して使用しています。

カットばさみ

すきハサミ

 

失敗しても一切の保証は致しませんが。笑

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

COMMENT

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる